川口の文化財

川口市母子福祉センター (旧鋳物問屋鍋平別邸) 主屋

かわぐちしぼしふくしせんたー
(きゅういものどんやなべへいべってい) おもや

川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋

  • 川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋
  • 川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋
  • 川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋
  • 川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋
指定等: 国登録
種別: 有形文化財(建造物)
員数: 1棟
年代: 明治・大正
指定年月日: 平成13年10月12日
所有者: 社会福祉法人   
川口市社会福祉事業団
所在地: 金山町15-2

当建物は、鋳物問屋嶋崎家の別邸として明治末頃に建設された和風建築です。玄関を含む1階の東半分は創建当初の姿をよくとどめており特に座敷は、書院窓や欄間などに、数寄屋風の凝った意匠が見られます。また、2階部分は大正8年頃、1階西半分は昭和35年に増築されており、各時代の様相の違いを如実に表現していることも特徴です。

※ なお、当施設は、平成26年10月1日より、施設名称を「川口市母子父子福祉センター」と改称しております。

※ この文化財は常時公開されていませんので、見学の際には、所有者、管理者の許可を受けて下さい。
見学にあたっては、管理者、他の見学者などの迷惑とならないようにお願いします。
川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋 所在地